mag-nesia

(,,゚Д゚)-m┛

日曜日, 11月 06, 2005

編集後記:パソコンとテレビ

ソニーから「Xビデオステーション」という商品が登場する。
これは、8つの地上波アナログチューナーを搭載したハードディスクレコーダー。
計8チャンネルを、約3週間にわたって全番組録画し続けるという、究極のレコーダーである。

これでもう、録画予約し忘れた!ということがなくなる。だってぜんぶ録ってしまうのである。
以前、ほりえもんが絶賛していたVAIO type Xの録画機能だけを分離させたかたちで、あくまでVAIOブランドで発売され、パソコンとつないで使ってね、という製品。
パソコン側で録画した番組を取り出したり、録画予約したりできる。
3週間分の録画番組を一覧表示すると、そりゃもう絶景。
新聞のテレビ欄みたいな画面が、3週間分ぜんぶ録画で埋まってるんです。
タイムマシンに乗った気分が味わえます。
「Sonystyle」からカスタムして買えます。

それにしても、テレビ番組とテレビCMは大変だ。
狙った時間に見てもらえないわ、スキップされるわ、編集して捨てられるわ。
それでもテレビは依然、従来並の広告収入を維持している。
このへん、将来大きなひずみになるような気もする。
番組内にさりげなく商品を登場させる、「プロダクトプレースメント」という手法があるが、こういう広告は、今後もどんどん増えていくだろう。
レコーダーとかパソコンの進化で、見る方にとっては逆に、油断できない時間が増えてる気がする。

3 Comments:

コメントを投稿

<< Home