mag-nesia

(,,゚Д゚)-m┛

木曜日, 3月 17, 2005

VOGUE NIPPON 4.2005 (日経コンデナスト)

ニッポン呼ばわりされるとなんだかうれしい気がする。この雑誌のアート・ディレクターを務めるのは藤本やすしという人物。ほかにもGQ、WWDといった雑誌をてがける。例えば本国フランス版のヴォーグと比べても、彼の紙面デザインはまったく遜色ないレベルだと思う。

IN VOGUEクチュール・デニム、つまり刺繍などの装飾を大胆に施したデニムが流行気味。ルイ・ヴィトンも展開。

Spring into Color「今シーズンは、すべての"色"がトレンドカラー」。迷走するコンサバ?

ナンバーワン・モデル、ジェマの華麗なる変身。成功の要因は人格にあると見た。

水曜日, 3月 16, 2005

文藝春秋 四月号 2005 (文藝春秋社)

団塊のアジト。中年の砦。現在の日本社会を構築した人々と真摯に向き合うためにも、まずはこういう雑誌を読まねばならないのだろうか。

戦後60周年企画 第2弾 消えた昭和昭和の風物詩を著名人が述懐。嵐山光三郎は「社員旅行」。

日本の顔 久石譲連載グラビア企画。ナウシカのテーマソング内「ランランララランランラン」は久石の娘が歌っている。

三国志 宮城谷昌光さすがの骨太連載。ほかにも山崎豊子「運命の人」が連載中。これは某新聞界のドンをモデルにしたと思われる。