mag-nesia

(,,゚Д゚)-m┛

月曜日, 11月 29, 2004

tide

最近男性誌の動きが激しいです。GentryStraight、そして講談社からはBRAVO BUSINESSと、対象としている層は多少違えども、やや高級なライフスタイルを提案する雑誌が次々と動き出したのが11月といえるでしょう。WWDが予測していたとおり、レオン、GQの流れは確実に大きく、幅広くなっています。ただ、WWD的には、ようやく男性にも詳細なマーケティングに耐えうるような市場が出てきた、という考え方をしていますが、読んでみるとどの雑誌も、趣味の相違はあるものの扱っている情報はほとんど同様。受け手としては早くも満腹中枢が働きだしています。共食いを避け、互いに異なるベクトルではるか彼方を目指す努力が欲しいところです。とりあえず動きが活発という意味では、今後もやはり男性誌からは目が離せません。個人的には、この分野で先行し、サライ、ラピタなどを抱える小学館の、次の一手に期待したいです。

3 Comments:

コメントを投稿

<< Home