mag-nesia

(,,゚Д゚)-m┛

火曜日, 11月 30, 2004

BRAVO BUSINESS 12/15 2004 (講談社)

フラウの増刊という位置づけで登場したのは、講談社が送り出す「入社10年世代のための」という位置づけの男性ライフスタイル誌です。最近の講談社の雑誌に顕著だと思うのですが、その誌面自体は他誌のいいとこ取り、目新しい企画は何もありません。とりあえず出してみた的なノリと、後発のアドバンテージとしてのクオリティを求めるなら、まあまあかもしれません。ただ、こういう雑誌に携帯向けのグラビアアイドルサイトの広告を載せてしまうのはいかがなものか。

ロスにて。 渡辺 謙自分の人生に決定打はないそうだ。それがたとえトム・クルーズとの競演であっても。

特集 The Third Eyeの発想独自のビジネスチャンスを拾った方々にインタビュー。といってもけっこうメジャーな方々。マックの原田永幸氏、レーサーのジャン・アレジ氏ほか。

いま、なぜ、硫黄島かドリームワークスが映画化。60年前のその悲壮な歴史を、「ジェネラル・クリバヤシ」という一人の男から探る。