mag-nesia

(,,゚Д゚)-m┛

土曜日, 11月 20, 2004

中央公論 12.2004 (中央公論新社)

意外と面白かった。日本、世界を取り巻く諸情勢に、とりあえず詳しくなれます。中央公論新社は、以前はマリ・クレールなどの雑誌を持ってましたが、今は読売新聞の傘下に入り、伝統ある総合月刊誌としてのこの雑誌を維持して、面目を保っている感じ。

特集 階層社会は目前か切込隊長こと山本一郎氏の文章が読める。ライブドアの有価証券報告書作成能力に疑問を呈している。

特集 悩めるロシアロマノフ王朝末期の思想家・ウイッテは、ロシアに最も適切なのは絶対君主制、と言い切ったそうな。

中公読書室「今月の集中講義」として、歴代のアメリカ大統領に関する本を集めている。現大統領ブッシュをはじめ、子供のころから大統領となることを嘱望された彼らの、重圧との闘い、人間らしさを求める故の蹉跌にスポットを当てる。ケネディなんかは、マリリン・モンローと不倫疑惑があったそうな。

3 Comments:

コメントを投稿

<< Home