mag-nesia

(,,゚Д゚)-m┛

土曜日, 10月 02, 2004

一橋ビジネスレビュー AUT.2004 (東洋経済新報社)

ビジネス誌。ビジネス誌はこれぐらい堅くていいと思う。写真はほとんどなし。

企業のトップとして大切なことは何か 丹羽宇一朗ごぞんじ伊藤忠会長。社員には、常に「神の目」が見ていることを意識させるらしい。人智を超えた存在を想定すると、失敗したときなどに納得しやすくなるそうだ。

ブランディング イン チャイナ現地化粧品市場では、資生堂の合弁会社とP&Gが先行。市場の占有を図っている。

ビジネス・ケース 劇団四季株式会社化してから36回の決算で、赤字は一度だけ。優良経営。それだけに株式公開の噂が絶えないが、演劇という水もののリスクは無視できない。

3 Comments:

コメントを投稿

<< Home